暗記で大事なのはアウトプットの回数。

こんにちは。

今日は暗記について!

受験勉強で「暗記」って誰もがぶち当たる壁だと思います。

暗記が得意な人は繰り返しやっているアウトプット

暗記の質問を結構受けることが多いです。

どうやって普段暗記しているのかと聞いてみると、

暗記の苦手な人は覚える作業はしているのに、圧倒的に思い出す練習をしていないことが多いです。

逆に暗記が得意な人に、暗記の仕方を聞くと共通しているのは、暗記の作業の中に「思い出す」作業が入っています。

暗記で大事なのは「アウトプット」だと思います。

覚えるのはすぐに覚えられる

覚えるのって意外とすぐにできるんです。

覚えたものを自由に「出す」ことができることを、「暗記できた」と表現しています。

 

単語テストをすると、書けないけど、答え合わせしたら、

「あ〜、そうだった!」

と思い出すことができませんか?

これは覚えている状態です。

 

ここで、

「いや、全然知らん。見覚えがない単語だ。」

となれば、覚えてないということです。書いたり、言ったりして覚えましょう。

自由に思い出せる=暗記できた状態!

「思い出す」練習をしよう

見たら、あ〜ってなることが多い人は、書いたり、言ったりする時間を作るのではなく、思い出す練習に時間を使うべきです。

具体的にはどんなことをするかというと、

  • 自分で単語テストをする。
  • 間違えた問題はすぐにもう一回テストする。

すぐにやったら言えるのは当たり前と思うかもしれませんが、

何十個かあると、答えられないものもあるんですよ、意外と。

 

だから短い時間に繰り返し単語テストで思い出す練習をすると、いつでもどこでも出せる(=暗記できた)ようになります。

思い出す間隔を少しずつ空ける

短時間の間に、単語テストを繰り返して答えられるようになったら、

次は、翌日とか、1週間後とか、1ヶ月後など間隔をあけていきます。

そうすると、だんだん長期記憶に定着していきます。

繰り返した回数が多い分、間隔を空けてテストした分だけ、長く定着しやすいように感じています。

暗記は五感を使うと早く覚えられる

私は歩きながら、聞きながら、言いながら、見ながら暗記をしたほうが、早く覚えられます。

暗記をするときに、一番始めに「書く」方法を身につけると思うのですが、

書くのって時間がかかるので、効率が悪いと思います。

どうしても覚えられない!っていう単語に限って、最後の手段で書くという方法をとっていますが、

なるべく下記の手順で暗記に取り組むようにしています。

  1. 聞く
  2. 言う
  3. テスト

これの繰り返しで結構たくさん覚えられます。

1日に数十個単位で覚えられたこともあります。